元気な赤ちゃんを産むための産婦人科選び情報サイト

>

里帰り出産など転院の可能性も考える

途中で転院するケースとは?

産婦人科を受診するときは、途中で転院する可能性についても考えておきましょう。
そのひとつに「里帰り出産」があります。
里帰り出産を希望する場合は、どのタイミングで転院すべきかが大きなポイントになります。

里帰り出産について通院中の医療機関に伝える時期には、いろいろな説があります。
担当医師の性格にもよるため、難しいところです。
ただし、受入先の医療機関で紹介状が必要な場合も少なくありません。
医師に気を使ったり、不要なトラブルを起こしたりしないためには、初診時など早い段階で伝えたほうがよいかもしれませんね。

それとは別に、担当医師のやり方に納得できない、通院に時間が掛かるなどの理由で転院を考える人もでてきます。
そのような場合も、当たり障りのない理由を選ぶとよいのではないでしょうか。

転院するときの注意点

スムーズに転院するためには、転院に必要な最小限のことを調べておきましょう。
そのひとつとして「紹介状」が挙げられます。

転院先の医療機関の中には、紹介状が必須のところも存在します。
また、紹介状を持っていくことで、初診料を払わなくて済むメリットもあります。
ただし、紹介状の作成には手数料が掛かることも知っておきたいですね。

転院に際しては、「妊婦健診補助券」の扱いなどについての確認も不可欠です。
いろいろなケースが考えられるため、各自治体窓口まで照会しましょう。

ちなみに、妊婦健診(妊婦健康診査)とは、妊娠の経過や赤ちゃんの状態などを確認する検査のことをいいます。
また、妊婦健診補助券は母子手帳とともに発行され、最初の妊婦健診から使用可能です。


この記事をシェアする