デリケートゾーンの臭いや黒ずみも石鹸で解決できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗い方を知る

困る女性

デリケートゾーン専用の石鹸で洗浄を行うときにはまずしっかりと泡立てることが大切です。なるべく刺激を抑えるために強く洗わないほうがいいでしょう。慣れない人は泡立てるのに時間がかかりますが、泡立てネットを利用すると簡単に石鹸を泡立てることができます。石鹸を泡立てた後はデリケートゾーンを優しく包み込むように洗うことがポイントです。指の腹を使って傷つけないよう丁寧に洗いましょう。そのときには、前から順序よく洗っていくことでデリケートゾーンを清潔に保つことができます。洗う順序にもできればこだわったほうがいいでしょう。順序が変わることで、雑菌が洗った箇所に入り込んでしまうことがあるので、注意する点の1つといえます。デリケートゾーンの洗浄では優しく洗うことが大事ですが、だからといって汚れが落とせないままでは石鹸を使って洗っている意味がなくなってしまいます。デリケートゾーンは見えにくい部分のため汚れが残っていないか確認することが難しいので、鏡を利用することで洗い残しを防ぐことができます。石鹸を使って丁寧に洗った後には水で洗い流しますが、そのときにも勢いよく水をかけるのは避けましょう。水を洗面器などでかけただけではきれいに洗い流せていない気がして、シャワーなど水の勢いが強いもので洗い流す人もいますが、それもデリケートゾーンへの刺激になってしまいます。シャワーを使わずに優しく洗い流してください。流し足りないというときには強くかけるのではなく、回数を増やして流すときれいに落とせます。