デリケートゾーンの臭いや黒ずみも石鹸で解決できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

美白効果がある

ソープ

デリケートゾーンは少しの刺激でも色素が沈着しやすいです。なるべく刺激を減らすために専用の石鹸を使用しましょう。美白効果のある石鹸ではより効果的に黒ずみを解消することができます。

More Detail

成分で選ぶ

石鹸

成分に注意してデリケートゾーンの石鹸を選ぶことが大切です。なるべく肌に刺激の少ない成分を選ぶことで大切な菌を洗い流してしまうことがありません。美容成分のあるものでは乾燥を防ぐことができます。

More Detail

洗い方を知る

困る女性

石鹸を泡立てて優しく洗うことがデリケートゾーンの洗浄では重要です。洗う時には肛門からの菌が入らないように前から順番に洗いましょう。水で流すときにも優しく水をかけると刺激が少ないです。

More Detail

清潔にする

レディ

デリケートゾーンに悩みを抱える女性は多いですが、特に気になるのが臭いです。デリケートゾーンに臭いがあると周囲の人に臭いが気づかれないか不安に思い、なかなか人前に出られないという人もいます。デリケートゾーンの臭いが気になる人は洗浄に使っている石鹸を変えることで悩みが解決するかもしれません。臭いが発生する主な原因は雑菌の繁殖です。雑菌事態が臭いを持っているわけではありませんが、菌が汗や角質を分解するときに臭いが発生します。デリケートゾーンを清潔に保つことで菌の繁殖を防ぎ、臭いの元を断つことができます。きれいにするために普通の石鹸でごしごしとデリケートゾーンを洗う人もいますが、それではかえって症状が悪化してしまうこともあります。膣内はもともと雑菌の繁殖を防ぐために酸性に保たれているものですが、一般的に市販されている石鹸にはアルカリ性のものが多いので、それをデリケートゾーンの洗浄に使用すると膣内の自浄作用が失われてしまうのです。洗浄を行うときには必ず専用の石鹸を使用するようにしましょう。弱酸性でできた石鹸では膣内のバランスを崩すことがないので、自浄作用を保ちながら汚れをきれいに落とすことができます。専用の石鹸は体に優しい成分でできていますが、それでもどう洗っても大丈夫というわけではありません。膣内は刺激に弱い部分なので、洗うときにはなるべく泡立てた石鹸で優しく洗うことが大切です。アンダーヘアを洗うときにも決して爪を立てず、傷つけないように注意しましょう。もしも傷がついてしまった場合はそこから雑菌が侵入して炎症を起こす危険性があります。指の腹を利用して丁寧に汚れを落とすようにしてください。